スポンサードリンク

春が来ている気配


スポンサードリンク

本日は気温2から21度晴れ

21度

もう春か

気温が上がるんだ。

ここのところ、転職で清掃関係1名、フォークリフト関係で3名の方と

インタビューした。

シニアの雇用の流れといったことが分かってくる。

清掃関係はこのコロナで仕事自体できびしい。

フォークは若者を欲しがっている。

というかシニアが多い感じだ。

そこに若い風が欲しいということなのだろう。

トラックの運転手も若者は少ない、いないことはないが少ない。

若返りに苦心しているのだろう、またこの時期忙しくはないが

繁忙期が来る前に人員の補強したいところみたいだ。

しかしながらシニアも人の子、フォークを降りる人も出てきた。

欠員の補充のための求人をめにする。

欠員補充でもう何か月も募集が続いている案件をよく目にする。

マイナス的なフォークリフトの見方

毎日同じ危険な作業ばかりしていると飽きる

という見方が多数を占める。

それはそれで間違いではないが、これが好きという人もいる。

そんな奴が続けているんだ。

 

f:id:i472:20210221053615p:plain

 

航空自衛隊20日、米南部アラバマ州モントゴメリー空港付近で、現地時間19日午後5時ごろ(日本時間の20日午前8時ごろ)、20代の男性2等空尉が搭乗したT38練習機が墜落したと発表した。2尉と、同乗していた米空軍の教官がともに死亡した。着陸しようとした際、滑走路の手前約3キロの地点で事故が起きた。

 空自によると、2尉は航空教育集団浜松市)に所属し、戦闘機パイロットの資格を得るために約2年前から留学中だった。米国留学中の空自隊員が墜落で死亡したケースは初めてとしている。

 練習機はミシシッピ州コロンバス基地の機体で、事故当時、どちらが操縦していたかは不明。

空自隊員、搭乗機墜落し死亡 米で訓練中、教官も (msn.com)出典

 

 

かつて若いころ空自三佐に聞いた話だが

ジェットパイロットで一番悲しいこと

ロッキードF104で森林に突っ込んで落ちた場合

人の形がなくなると

遺体が吹っ飛んでしまうらしい

冥福をお祈りいたします

南無