スポンサードリンク

千載一遇の機会をしたためる


スポンサードリンク

本日は日曜日、休み。

気温4から17度晴れ雲

朝寒い。霜は降りてないが。

4度は寒いな。

さて庭

 

f:id:i472:20210411062448j:plain

こんな感じのクリスマスローズ

花が咲くのでしょうか

 

f:id:i472:20210411062502j:plain

まだチューリップ咲いている

これから咲くぞというやつを

ショット

f:id:i472:20210411062516j:plain

f:id:i472:20210411062528j:plain

f:id:i472:20210411062546j:plain

ついでに

ツルニチニチソウ

 

f:id:i472:20210411062559j:plain

まだまだ咲き続けてほしいもの

 

さて履歴書を送ってくれということで

昨日履歴書。職務経歴書を書く

自分の思いを沢山書いた

沢山書いて自分をさらけ出した。

それは

自分をさらけ出すと書類で落ちる。

自分が判断することではない。

採用する側の勝手で書類選考はきまる。

多分昨日書いたものは

さらけ出しすぎだ

隠す部分もあったほうがいいのだった。

まあいい

南無真如と手書きで見えるところにかいた、

これを目にしてもらって

千載一遇の機会を与えよう。