スポンサードリンク

へまをしちまった、ばっきゃろー。


スポンサードリンク

本日の筑波山

f:id:i472:20180720184543j:plain

夕方見える

昼間も

f:id:i472:20180720184616j:plain

意外とくっきり見えた

 

サルスベリの街路樹がある通りを走る。

f:id:i472:20180720184739j:plain

古河の運動公園だ。

赤い百日紅です。

f:id:i472:20180720184826j:plain

左側に咲いている

サルスベリ

 

本日は自分でも考えられないのだが

へまをしちまった。

作業中重量物を手に落下

鉄の塊、内燃機関吸気系装置

20-40kgくらいか

f:id:i472:20180720185256j:plain

血が止まらんから

病院へ行った、止血はした

打撲で、レントゲンでは骨折はなかった。

しかしながらこの打撲の痛みは

2週間は続くだろう。

 

ホントに痛い。

 痛いが帰宅し

用を済ませ早めに寝た。

 

夢を見た、

土地購入で検討した物件が出てきた

実はこの物件は、夢にしか存在しないもののはず。

しかしながらハッキリ周囲の風景を覚えているんだ。

夢の中だけの土地のはずだ。

実際こんな感じの土地ではないところを買ったが

買ったとたんシンガポール転勤になった過去があったな。

その夢の中で手の痛みが

スーと引いていく現象を感じた、目が覚めて実際に痛みが引いていた。

痛みがまったくなくなった訳ではないが、大きな痛みが引いていた。

 

大企業であれば

0災活動で大騒ぎするが、中小企業では「なんだ馬鹿野郎」だし。

ヒヤリハットもやってないし

このような災害にハードで対応できるのは大企業しかないだろう。

25kg以上のものは、持たないとか

簡易クレーンを導入するとか

の対策をお金をかけてやる風土がないのが中小企業だ。

 

痛いのを泣いて過ごすしかない。