読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物愛護センターで犬をもらってきた。

死ぬまで面倒を見るということで譲り受けた。

かわいい犬だがなかなか、なつかない犬だ。

よほどひどい目にあったのだろう。

殺処分前の犬だった。

飼ったころは、私を怖がって震えていた犬だった。

車に乗ると車酔いする犬だが、吐きながらもいろいろなところへ

連れて行った。

それが災いしたのかな、フィラリアに感染させてしまった。

検診で発覚、やっちまったなと反省しましたが、最後まで

面倒見ようと決意した。

翌年、フィラリアはいなくなっていた。

命拾いした。

その後、運動しない私に散歩というウォーキング、

運動をさせてもらった。

歩くことは健康に良いみたいで犬と散歩すると調子が良かった。

16年も飼ったある日、テンカンを起こし倒れた。

医者に連れて行って、戻ってきたときは意識はもどっていたが、

加齢によるものらしい。

そのうち時計回りをするようになり、とんでもない時に吠えるようになった。

これは、認知症なのだと。

小便も頻繁にするようになり大便もしてきた。生きている間は、その後始末をやろうと決意。

散歩もできなくなり動けなくなってきた。もしもの時の処置を考えた。

一番近いペット葬儀社を探しておいた。考えたくはなかったが、仕方なかった。

初めてのことだし、費用も5万円くらいかかるようだ。

それから1週間ほどたって、体をシャンプーして洗った。

ふわふわになり気持ちよさそうだった。

その夜、呼吸が止まりそうになってきた。

みんなの見ている中で最後にふ一とひと息して、お先に

というようにいってしまった。

いい顔をしていたな。棺には、好きだった私が焼いたパンを入れて焼いた。

骨はしっかりしていた。

約束通り最後を私はみとったぞ。

転生というものがあり、また犬に生まれてくることなく、人に生まれ変わってくれ。

 

ありがとう。

犬は好きだが別れは辛いな。