スポンサードリンク

JRのほっこり


スポンサードリンク

本日は年休休みだ。

面接に行く。

 

13日夜、東北地方で最大震度6強を記録した地震の影響で、東北新幹線那須塩原一ノ関駅間の上下線で終日運転を見合わせている。

JR東日本・本社広報部によると「ひたち22号」は本来は、いわき~品川間の特急だが、東北新幹線の代用として2月15日から、仙台~いわき間を臨時快速列車として延長運転を開始した。本来は午後1時57分に仙台を出る予定だったが、悪天候と線路点検のため、約4時間遅れの午後5時55分に発車。この時点で終着駅が上野に変更。約200人の乗客が乗っていたという。

15日は急速に発達する「爆弾低気圧」が日本近海に発生。そのため「ひたち22号」は、大雨と強風の中で徐行と停止を繰り返しながら運転。予定時刻から約8時間遅れの深夜2時38分に乗客約220人が上野駅に到着した。

すでに他の路線は終電になっていたことから、乗客は午前4時45分まで車内がホテル代わりに開放され、多くの乗客が車内で夜を明かしたという。大幅な遅延が予測されたことから、仙台を含めて計4回、水やパン・おにぎりなどの軽食を乗客に提供したという。特急券は払い戻しになった。

「ひたち22号」は車内アナウンスをした上で、福島県南相馬市にある原ノ町駅付近で、全乗客に降車予定の駅と「翌日に大学受験を控えていないか」を乗務員が聞き取ったが、受験生は確認できなかった。JR東日本の担当者は「極力、受験生に差し支えがでないように配慮できるようにした」と話している。

「明日は大学受験ですか?」全乗客に確認。 “ムーンライトひたち22号”の配慮が感動を呼ぶ (msn.com)出典

 

 

ムーンライトひたち22号の配慮が東北の受験生の感動を呼んだ。

こんなニュースを聞くと

ほっこりする。

JRもこんな時さやしいことをしてくれる。

何故か涙がでた。

それに比べると外注に集金を委託して

国民からおカネだけ巻き上げようとしてる

コロナ渦国民が困窮しているのだから

なにか救済をする気があるのだろうか

はした金受信料を値下げしました

では

とても納得できない。

今に時期しか共感を得られない時

国民にやさしい行為はできないのか

さびしい

さびしい

さびしい

NHK