スポンサードリンク

冬至は12月21日です(2020年)


スポンサードリンク

本日はトラックが4台来る、暇でない。

かなり忙しい。

忙しさとの戦いに

いままで暇な分一気に忙しくなる

気温6-15度晴れ

f:id:i472:20201124060642p:plain

桃富士

2020.11.8夕方

 

さて庭

クリスマスローズ

f:id:i472:20201124062517j:plain

チェリーベッカーの赤玉

f:id:i472:20201124062532j:plain

オタフクナンテンも赤く

f:id:i472:20201124062625j:plain

ビオラ

f:id:i472:20201124062641j:plain

冬が近づいてきてるんですね

冬至

2020年12月21日月曜日ですから

12/21から日が長くなります。

それまでは毎日日が短くなりますね。

さてコロナ

 


新型コロナウイルスの影響による失業者が7万人を超える中、雇用の受け皿となってきたウーバーイーツの配達員に逆風が吹いている。配達員の増えすぎで収入が落ち込んだとの声が続出。参入企業も相次ぎ、今後はさらに報酬が引き下げられる恐れがある。失業や収入の低下に悩んで飛び込んだ世界でも、窮地に陥りかねない。

 

ウーバーイーツ配達員の仕事 飲食店の出前を代行する。客はウーバーのアプリなどで注文。ウーバーは店や配達先に近い場所にいる配達員に依頼を送信する。応じた配達員が店から品を受け取り自転車やバイクで配達。報酬は、商品の受け渡しで発生する固定料金と、店から注文先までの距離に応じた変動料金の合計から、ウーバーへのサービス手数料10%を差し引いた額。配達員の不足度などに応じた追加報酬もある。

配達員は1回の配達で約500円の収入。朝から晩まで約30件こなし、週6日で月収約35万円。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/70009出典

 

 

結構な金額になるのですね

ちゃりで一日30回で15000円か

いいお金になるが体力勝負か

自分も現在の仕事考えると、こんな体力仕事したいな