スポンサードリンク

なんでソ連が樺太、千島列島に進軍したのか


スポンサードリンク

本日の筑波山

f:id:i472:20181214221334j:plain

なんで北方領土ソ連に奪われたのか

 

昭和20年(1945)年2月、アメリカのフランクリン・ルーズベルト、イギリスのチャーチルソ連スターリンソ連クリミア半島のヤルタで協議を行った。

ここでルーズベルトは、なんとスターリンに、ドイツ降伏の3ヵ月後に日ソ中立条約を侵犯して対日参戦するよう要請したルーズベルトはその見返りとして、日本の領土である千島列島、南樺太、そして満州に日本が有する諸々の権益(日露戦争後のポーツマス条約により日本が得た旅順港や南満洲鉄道といった日本の権益)をソ連に与えるという密約を交わした

日本に対するアメリカの勝利をさらに確実にするためいかなる非道なことをしてでもソ連に参戦してもらいたかったのだ。
日本には認めないとあれほど言い張ってきた満洲の権益を共産主義ソ連には認めたわけで、アメリカの提唱してきた「門戸開放」なるものは単なるまやかしにすぎなかったことを露呈した。

ソ連はこの密約を根拠に、昭和20年8月の終戦間際、日ソ中立条約を一方的に破棄して満州、千島列島、樺太に侵攻を開始した。

  日ソ中立条約破棄

このヤルタ密約こそがその後の日本とソ連(ロシア)の間の「北方領土問題」の原因となっている。

  北方領土問題

ヤルタ密約は、当事国が関与しない領土の移転は無効という国際法の条文に明白に違反しているため、ソ連・ロシアによる南樺太及び千島列島を侵略・占領する法的根拠がまったくないのだが、日本政府がまともに抗議せず、また、アメリカに反省がないため、南樺太、千島列島は現在に至るまでソ連に占領されたままである。

平成17年(2005)にはアメリカ大統領のブッシュは、このヤルタ協定が東欧諸国における圧制を生むなどした諸悪の根源と非難したが、アメリカが日本の分割の原因となる秘密協定を行なったことに対する反省はまったく示されなかった
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_yaruta_kaidan.html

 

あのルーズベルトがもう寿命がない中血迷って、あのスターリン

言ってしまったものだから

調子に乗って中国北、南樺太、千島の頭にある占守島に攻めてきた。

占守島日本軍守備隊は戦争が終わっていたにもかかわらず

ソ連軍を撃破した。

このことがソ連が北海道を侵略できなかった要因となった。

戦争に負けてもこの千島占守島撃破の命令は

日本にとって後々良い事につながった。

 

また原爆を2個も落としたことは

ソ連に北海道侵略を防ぐ要因になったとも考えられる。

言いたくはないが。

 

そんなことを考えていると

夜の闇が襲ってきた。

 

f:id:i472:20181214221358j:plain