衝撃のランキング! 燃費の悪い車ワースト10を発表! 1位はあの高級SUV!?

燃費の悪い車ワースト10について

 

 燃費の悪い車ワースト10

近年、ガソリン価格の高騰や環境への配慮から、燃費性能の良い車が注目されています。しかし、中には燃費を犠牲にしてまで追求したい性能や、所有する喜びを感じる車種も存在します。

本記事では、新基準燃費(WLTCモード)に基づいた、国産車燃費ワースト10をご紹介します。燃費を重視する方にとっては、マイナスポイントとなる車種が多数登場しますが、それぞれの魅力や特徴も併せて解説します。

目次

1. 1位:レクサス LX600
2. 2位:レクサス LC500 コンバーチブル
3. 3位:トヨタ ランドクルーザー プラド
4. 4位:日産 GT-R
5. 5位:レクサス RC-F
6. 6位:日産 フェアレディZ NISMO
7. 7位:トヨタ ハイエース
8. 8位:日産 NV350キャラバンワゴン
9. 9位:ランドクルーザー300
10. 10位:トヨタ ランドクルーザー

 

燃費の悪い車ワースト10:詳細解説

1位:レクサス LX600

堂々の燃費ワースト1位! ラグジュアリーSUVの王者

燃費:4.5km/L
エンジン:3.5L V6ツインターボ
特徴:力強い走り、高級感あふれる内装、広い室内空間
ライバル:ランドクルーザー、ゲレンデヴァーゲン

公式サイト

2位:レクサス LC500 コンバーチブル

優雅な走りを楽しむオープントップスポーツカー

燃費:5.2km/L
エンジン:5.0L V8
特徴:開放感あふれるドライブ、ラグジュアリーなデザイン、高性能なオーディオシステム
ライバル:メルセデスAMG SL、ポルシェ911 カブリオレ

3位:トヨタ ランドクルーザー プラド

オフロード性能抜群のSUV

燃費:6.8km/L
エンジン:2.8L ディーゼルターボ
特徴:悪路走破性、高い信頼性、快適な乗り心地
ライバル:ランドローバー ディフェンダージーラングラー

4位:日産 GT-R

国産最高峰のスポーツカー

燃費:7.8km/L
エンジン:3.8L V6ツインターボ
特徴:圧倒的な加速性能、洗練されたデザイン、高い走行性能
ライバル:ポルシェ 911ランボルギーニラカン

5位:レクサス RC-F

スポーティーな走りを追求したクーペ

燃費:8.1km/L
エンジン:5.0L V8
特徴:力強い走り、高級感のある内装、スタイリッシュなデザイン
ライバル:BMW M4、メルセデスAMG C63クーペ

6位:日産 フェアレディZ NISMO

日産を代表するスポーツカー

燃費:8.3km/L
エンジン:3.7L V6ツインターボ
特徴:エキサイティングな走り、攻撃的なデザイン、高い操縦性
ライバル:トヨタ GR86、スバル BRZ

7位:トヨタ ハイエース

商用バンとして定番の車

燃費:8.8km/L
エンジン:2.8L ディーゼルターボ
特徴:広い荷室空間、高い積載能力、堅牢なボディ
ライバル:日産 NV350キャラバン、マツダ タイタンバン

8位:日産 NV350キャラバンワゴン

ハイエースのライバル車

燃費:8.8km/L
エンジン:2.5L ガソリン
特徴:広い室内空間、快適な乗り心地、豊富なオプション
ライバル:トヨタ ハイエースマツダ タイタンバン

9位:ランドクルーザー300

ランドクルーザーシリーズの最新モデル

燃費:9.8km/L
エンジン:3.5L V6ツインターボ
特徴:高いオフロード性能、最新の安全装備、快適な乗り心地
ライバル:ランドローバー ディフェンダージーラングラー

10位:トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザーシリーズのロングボディモデル

燃費:10.6km/L
エンジン:4.0L V6ガソリン
特徴:広い室内空間、高級感あふれる内装、高い悪路走破性
ライバル:ランドローバー ディフェンダー 110、ジーラングラー アンリミテッド

※燃費はWLTCモードにおける数値です。実際の燃費は、運転状況や道路状況によって大きく異なります。