カテーテル手術失敗の原因と対策について

カテーテル手術失敗について

 

カテーテル手術は、心臓や脳などの血管に細いチューブを挿入して、狭窄や閉塞などの病変を治療する方法です。カテーテル手術は開胸手術や開頭手術に比べて、傷が小さく、回復が早いというメリットがあります。しかし、カテーテル手術にも失敗する可能性があり、重大な合併症や死亡に至る場合もあります。この記事では、カテーテル手術の失敗例とその原因、予防法、対処法について解説します。


カテーテル手術の失敗例とその原因

カテーテル手術の失敗例としては、以下のようなものがあります。

- カテーテルの挿入部位からの出血や感染
- カテーテルの誤挿入や折れ、脱落
- カテーテルの先端からの薬剤やバルーンの漏れ
- カテーテルによる血管の損傷や破裂
- カテーテルによる気泡や血栓の発生や移動
- カテーテルによる不整脈や心停止
- カテーテルによる脳梗塞脳出血

これらの失敗は、医師や看護師の技術不足や経験不足、機器の不具合や操作ミス、患者の体質や状態、手術中のトラブルなど、様々な要因によって引き起こされます。

カテーテル手術の失敗を予防する方法

カテーテル手術の失敗を予防するためには、以下のようなことが重要です。

- 手術前に十分な検査や説明を受ける
- 手術前にアレルギーや持病などを医師に伝える
- 手術前に飲食や服薬などの指示に従う
- 手術中に不快感や異常を感じたら医師に伝える
- 手術後に出血や痛みなどを感じたら医師に伝える
- 手術後に安静にする
- 手術後に医師の指示に従ってリハビリや服薬を行う

カテーテル手術の失敗に対処する方法

カテーテル手術の失敗に対処する方法は、失敗の種類や程度によって異なります。一般的には、以下のようなことが行われます。

- 出血や感染などの局所的な合併症は、圧迫や止血剤、抗生物質などで治療する
- カテーテルの誤挿入や折れ、脱落などは、再度カテーテルを挿入して修正するか、外科的に取り出す
- 薬剤やバルーンの漏れなどは、適切な量や圧力で再注入するか、外科的に除去する
- 血管の損傷や破裂などは、カテーテルで塞ぐか、外科的に修復する
- 気泡や血栓などは、カテーテルで吸引するか、溶解剤や抗凝固剤などで治療する
- 不整脈や心停止などは、電気ショックや心臓マッサージなどで蘇生する
- 脳梗塞脳出血などは、カテーテルで血管を開くか、外科的に処置する

カテーテル手術の失敗は、重篤な結果を招くことがあります。しかし、適切な予防と対処によって、そのリスクを減らすことができます。カテーテル手術を受ける場合は、医師と十分に話し合って、メリットとデメリットを理解した上で、納得して決めましょう。

実際死亡事故は起きてる。

KS病院のカテーテル治療後に5人死亡について

カテーテル治療後に5人が死亡した事件について、このブログでは詳しく解説します。カテーテル治療とは、血管や心臓などの内部に細い管を挿入して、狭窄や閉塞などの病変を改善する手術のことです。一般的には、開胸手術よりも低侵襲で回復が早いとされていますが、感染や出血などの合併症が起こる可能性もあります。

KS病院では、2023年9月から10月にかけて、カテーテル治療を受けた患者のうち5人が死亡しました。そのうち4人は、カテーテルの挿入部位から大量に出血し、ショック死したということです。残りの1人は、カテーテルが心臓に穿孔し、心タンポナーデという状態になって死亡したということです。これらの死亡事故は、カテーテル治療の正常な範囲内ではありえないものであり、医療過誤の疑いが強いと考えられます。

KS病院は、死亡事故の原因を調査するとともに、厚生労働省兵庫県医師会に報告しました。また、カテーテル治療を行った医師や看護師などの関係者を聴取しました。その結果、以下のような問題点が明らかになりました。


- カテーテル治療を行った医師は、患者に対して十分な説明や同意を得ていなかった。カテーテル治療の目的や方法、リスクや代替手段などを患者に理解させることができていなかった。
- カテーテル治療中や後に合併症が起こった場合の対応が遅れたり不適切だったりした。出血や穿孔などの重篤な事態に対して、迅速に処置や救命措置を行うことができていなかった。

これらの問題点は、KS病院の組織的な管理体制や教育体制にも問題があったことを示しています。カテーテル治療は、高度で危険な手術であることから、医師や看護師だけでなく、医療機関全体としても責任を持って行うべきです。KS病院は、死亡事故の責任を認め、遺族に謝罪と補償を行うとともに、カテーテル治療の安全性や品質を向上させるための改善策を講じる必要があります。

こんなのでは堪ったものではないな。

人の命をなんだと思ってんだ。