スポンサードリンク

オイルの消耗が早い


スポンサードリンク

本日はまだ正月休み。

気温-3から12度晴れ昼間は暖かい

朝8時に車使うというので

クルマメンテしていたら

オイルがまたゲージ下のところに

まずい、

多分オイルが固まってオイルがすぐ燃えてしまっている感じか

これは、エンジンフラッシングしないとまずい状態だ。

それとオイル継ぎ足しもいい方法だが

今回は

フラッシングにする。

業者に行ったところ、ディープクリアを1400円程度でできた。

 

f:id:i472:20210104131133j:plain

ディープクリアとは

エンジン細部のしつこい汚れを、走行しながらじっくり落とす、フラッシング不要のエンジン内部洗浄剤
用途

四輪ガソリン自動車のエンジン内部の洗浄。

製品説明

  • 特殊洗浄剤がエンジンの細部に付着しているしつこい汚れを分解します。
  • 汚れをミクロに分解し、オイル中に分散させ、エンジンへの再付着を防ぎます。
  • 強力な劣化防止剤と分散剤の働きで、オイルの劣化を抑え、エンジンオイルの機能を保ちます。
  • エンジン内部のパーツやシールを傷めないので安心して使用できます。
  • 成分:洗浄剤、分散剤、劣化防止剤、鉱物油
  • 内容量:180ml
  • 製品サイズ:198×80×35(mm)
  • 製品重量:225g
  • 消防法分類:第4石油類、危険等級Ⅲ
  • 使用方法:
    1. 添加前に必ずエンジンを止め、ボトルをよく振ってください。
    2. オイル6Lまでは1本(オイル3Lまでは半分)を目安に、オイル規定量を超えないようエンジンオイル注油口から注入してください。
    3. 注入後オイルキャップを閉め、5分程アイドリングしてください。

    ※注入後は自動車メーカーの推奨するオイル交換時期に従って交換してください。

製品ムービー

製品の特長

溜まったエンジン内部の汚れはエンジン不調の原因の一つです。エンジン内には走行の過程で、スラッジと呼ばれる粘着質の汚れやワニスが徐々に堆積していきます。 汚れが堆積していくと、オイル詰まり・潤滑不良・放熱性の悪化によるオイル劣化・エンジンノイズの増加・パワーダウン・燃費悪化などの悪影響が出てきます。 汚れによる不調が起こる前にしっかりメンテナンスをすることが大事!!

ディープクリアだけの特殊洗浄システム。ポイント1・エンジンの細部に付着しているしつこい汚れを、走行しながらじっくり落とします。 ポイント2・汚れをミクロに分解し、オイル中に分散させ、エンジンへの再付着を防ぎます。 ポイント3・強力な劣化防止剤の働きで、オイルの劣化を抑え、エンジンオイルの機能を保ちます。

オイルシステム ディープクリア | 製品情報 | 呉工業株式会社 (kure.com)出典

とういものらしい

オイル減りは本当に改善されるのか

しばらく様子見てみるか

ということで午前中対応がしたが

しばらくオイル量は見ていくべきかな

しかたなし

来月車検だし

次は

タイヤの対応をする。

いまのタイヤの溝ではNGだ。

スタッドレスで対応しよう。