スポンサードリンク

ケーブルテレビの死


スポンサードリンク

ケーブルテレビの営業が本日も来た、5回目だ。

たかが団地の決まりでテレビのアンテナを設置してはいけない。

ということで勝手にケーブルテレビの会社を押し付けた自治会。

それがケーブルテレビの会社を

また勝手に変えるという。

それに契約せい

と営業マンがやってくるのだ。

もともとテレビをアンテナで見れるのに

アンテナを設置している家もある中

なんでまた再契約

再契約でなく、今のケーブルを切りたい。

 

近未来
ケーブルの死は、今後もホットな話題であり続ける。来月は、Streaming Media Westのパネルで、”テレビのコードを切る: オンラインビデオは果たしてケーブルの死を招くか?”と題する議論が行われる。

ぼくのうちには、まだケーブルがある。ぼくはそろそろやめたいと思っているが、が好きな番組の中には、ケーブルでしか見れないものもある。でもそんな番組も、今後ずっとケーブルのみということは、ありえないだろう。スポーツの実況中継が見たくてケーブルをキープしている人は多いが、ケーブルテレビがスポーツだけをよりどころにして生き残るとは、とても思えない。

1年あまり前に、ライターで起業家のPaul Kedroskyが、”最近は正しい結論に達しつつある人が多い。Hulu、Boxee、Bittorrentなどなどの時代においては、ケーブルテレビは、古いエンタテイメントの時代の値段の高すぎる遺物だ”と書いた。このゲームに今では、GoogleAppleNetflixなどが大々的に参加してきた。値段の高すぎる過去の遺物は、いよいよ命運が尽きようとしている。

https://jp.techcrunch.com/2010/10/26/20101024internet-tv-and-the-death-of-cable-tv-really/出典

 

 

 テレビより、youtubeを見ている時間のほうが長い

いわばテレビがなくてもいいと思っている時

一度断っているのに5度も押しかけてくる営業

おかしい

選択の自由はないのか

お宅は嫌いだから契約しない

と明言してるのに

やくざみたいにくる

自分も格闘技をしてるので腕には自信があるから

まっとうに営業と向き合う

もう来るなと