スポンサードリンク

自販機の先行きは


スポンサードリンク

俺なんかごときが、缶ジュースなんて買えないんだよって。

そんなに金に余裕がない、

医者から糖分摂取を止められているとかで缶飲料にいかない。

ところが毎日、普段買わない感飲料水。

その仕事に就くなんて

とても信じられない。

30代ばりばり上場企業で働いていた時は

タバコ休憩の時、かなら感飲料水を買った。

それから年月も経過し

体が糖分の多いものは禁止だし、缶飲料水を買えなくなった。

ドクターストップだ。

f:id:i472:20200410205832j:plain

ダイドーの新製品

コナンサイダー、うまい。

f:id:i472:20200410205930j:plain

アメリカンカフェオーレ

甘い

こんなものを毎日フォークで運んでんだ。

飲料水は売り上げは伸びているようだ。

自販機に運ぶ人はそう多くはない。

無人で働いてくれる。

スーパー、とかお店納品すると、

30%の利益しか稼げん

ところが自販機は、70%の利益がでる。

複数の飲料缶メーカーの者も自販機で扱う。

自販機の量は増やしていけば利益はあがる。