スポンサードリンク

フォークリフトの腕が無いのでは


スポンサードリンク

本日は3トン車を運転する。

取引先で水道が止まってしまって水が欲しいとの要求に、

営業所長から命令が来た。

3トン車のトラックに水を100ケース積んでくれと。

24x500ccx100ケースは1,200L

1パレットに積んであるのが48ケース、

1パレット48ケースに4ケースを積んだもので

トラックの両脇にパレットを置こうとした。

48ケースのものはトラックの右側に

48+4ケースのものは、左側に

そのような構想で水ケースをフォークで運んだ。

左側に置く48+4のものは、縦にパレットを刺して移動

段差がある部分いつもの横から刺す感覚で通り過ぎようとした時

段差の反動で9ケースが1m60くらいの所から落下させてしまった。

段ボールが一つは完全に潰れた。

ペットボトルは衝撃に強くボトルが異形にならないことが多く、

このケースも異形なペットボトルはチェックするとなかった。

しかしながら、ダンボールの破損は激しく、ガムテープもそちこちに張り付けるので

見た目が、良くなく、いかにも異形ボトルがあるといった感が払しょくできない。

上司からはもっとガムテープを綺麗に貼るよう苦言を頂く。

しかしながら1.6mから落下したらボトルは無事でも段ボールの形は原型をとどめてなくガムテープ補修はかなり難しいものであった。

綺麗に貼らないのが正直な意見だが

そうも言ってられず、「気を付けます、すみませんでした」。

としか言えなかった。