スポンサードリンク

退職を決意する


スポンサードリンク

本日は正午ごろ1トンものカートンが頭上からフォーク作業中に落ちてきた。

自分はもう死ぬと思った。

しかしながらフォークリストの屋根の鉄板が自分を救ってくれた。

不思議なことに死ぬことはなかった。

もう恐怖で体が震え暫く呆然としていた。

兎に角生きていたので、カートンが破れペットボトルのシャワーの後始末に

動いた。

 

原因は3段重ね1段は1m50くらい。

3段重ねの2段目のパレットに爪を刺し、

フォークを上昇させたところ、爪の刺しが浅かったので2段刺しをしようと

一旦上昇したパレットを置いたところ、置いた範囲が3分の1くらいまでの所で置いたので、それでお辞儀してしまったようだ。

それで3段目が倒れカートンが落ちてきたのだ。

 

3段から2段救うのは危険という事が分かったが

この恐怖のトラウマができてしまって、もうこのフォーク作業は継続はむずかしくなった。

 

もうこの会社を辞め、医療検体の配送の仕事に転職する事を本日は決めた。

フォークはリスクが多い、もうこの職を離れる時期だと感じた。