読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運転の仕事って仕事でないような気がする

ドライブ好きで、普通自動車バン、2トントラック、フォークリフトなど乗って仕事をした経験があります。

仕事となるとスピードを要求されます。

しかしながら、スピードを気にしないとこんな気楽な仕事はないと思うのです。

 

バンの時は、ケガをしても勤務続けることができました。

アクセルとブレーキを右足だけで操作できるオートマだし。

基本、運転好きで何キロ走っても疲れないのです。

それは、トラック、フォークも同じですが。

 

大きな事故もなく4年くらい仕事しました。

運転はいいのですが、そのほかに積む荷物の荷卸し、荷積みがあるんです。

トラックであれば、フォークでやります。

バンの時は、人間の手でやるんです。

フォークリフトは機械でやるので疲れないが、バンは50kgくらいのものを扱うのです。

 

持ったその時は、体の痛みとか感じないのですが、朝起きて背中が痛いなんてことがあるんです。

とは言え、持つときに近くに人がいて応援を求められるのなら、二人で持つようにしています。

恥ずかしいことではありません、依頼主、請け負ったものの関係はあるが、効率的に仕事が進めばそれもいいのではないかと思います。

運転の仕事は、ルートも覚えなければなりません。

ルート完全に覚えるのに3年かかったな。

高齢でも運転の仕事ができ、お金もらえるって不思議だ。

 

しかしながらそんな仕事がまだ日本にはあるんだな。

今後AI技術が急速に進化し、自動運転も普及しこの運転の仕事もなくなるだろう。

 

2030年にはこのことは実証されるでしょう。

後13年後、AIが世界中の人の仕事を駆逐するに違いない。

後13年後です。